NEWS & TOPICS

2020.06.14
両面使える半幅帯

この度、ふく屋の展示会において両面使える正絹の半幅帯がお目見えしました。
片方ずつ違った柄を用いることでその日の気分で変えたりする事も出来るし、見る人も帯が変わると違った着物に目たりします。
また、変わり結びをすることで、4通り使える優れものです。
夏の期間展示しているそうですので、ぜひ足を運びご覧になってください。

2020.05.31
待ちに待った日本橋着付け教室6月開講

東京都の自粛要請に従い、日本橋教室は4月1日より5月31日まで一度も開講することなく自粛しておりました。
この教室ですが、いよいよ6月第2週目より開講する運びとなりました。
開講にあたっては、マスクの着用、開講前の検温の実施、消毒液による手の消毒など万全の感染予防策を講じて開講してまいります。
皆様のご参加お待ちいたしております。

2020.05.26
越後妻有の裂織り

先日、本校の着付け教室で新潟十日町にある【染織工房 木綿】の井口さんから、裂織りについて勉強する機会がありました。
裂織りは江戸中期に絹や綿などが手に入りにくかった東北地方で始まったと言われる技法で、反物、古い着物を裂いて長細い端切れにし、横糸として織り込んだものなのだそう。
機織り機で織った帯を手に取ると、見た目は素材感があり硬いものかと想像していたのですが、意外にしなやかなのに驚きました!ぎゅっと握ってもシワにならず弾力が有ります。この裂織りに使われたお着物はどんな物語があったのかなと想像してみたり、織物の魅力に触れたひと時でした。

2020.05.20
6月着付け教室と修了式

5月19日に基礎課程のカリキュラムを終えた生徒が修了式に臨みました。
すっかりきれいに着付することが出来、生徒以上に指導した先生も喜んでおられました。
6月にも改めて着付け教室を開催します。
コロナの影響が心配されますが、できる限りの予防策を講じて開講してまいります。
自粛ムードで何事も活動が強いられますが、和気あいあいと活動してまいりますのでご参加の程、宜しくお願いします。

6月開講生徒募集

2020.05.04
衣替えに向けて

日中汗ばむような日も増え、そろそろ着物の衣替えが気になり始める方もいらっしゃるのではないでしょうか。
冬にお召しになった着物を箪笥にしまう前に汗や汚れが定着してしまわないよう、クリーニングをかけておくと安心です。
大切な着物や襦袢のクリーニング、またお手入れに関することなど随時承っております。
お気軽にお問い合わせ下さい。

きものと帯ふく屋(内 きもの伝承会) 
営業時間:10時〜17時 ※火曜定休
お電話:0120-900-229