NEWS & TOPICS

2022.08.23
世代間を超えた和やかな着付け教室 10月開講

こんにちは、きもの伝承会の講師を務めさせて頂いてます鈴木です。
いよいよ10月より着付け教室が開講します。
「着付けを習いたいけど、仕事をしているのでタイミングが合わない」「着物を買わされたり高額な授業料を要求されそう」などの理由で着付けを習いたいけど諦めている方がいるそうです。また着付教室に習う方は、一様に着物の着付というと敷居が高そうな感じがして一歩踏み込めない感じがするそうです。ですが私たちの着付教室はNPO法人という組織にし社会に貢献できるような組織にしております。そして入校しやすくしかも低価格をモットーに開催させて頂いております。低価格だからと言ってパフォーマンスが悪いというわけではありません。着付け指導課程を経たベテランの先生が着物の着付を行っております。安心してご参加ください。

当着付け教室は20代から70代まで幅広い年代層の方が受講いたしております。和やかな雰囲気で開催させて頂いております。年齢という意識を捨てお気軽にお申し込みください。
また、受講するにあたり「500円だから試してダメだったら途中でやめよう」という意識の方も中にはいらっしゃいます。低価格にしたわけは広く着物文化を広めたい一心の思いで決めた価格です。常に真剣できもの伝承に努めておりますのでいい加減な気持ちで受講する方はご遠慮ください。
皆様のご参加お待ちいたしております。

2022.08.20
10月開講の着付け教室 半襟付けから学びます

10月開講の「初歩から始まる着付教室」が只今募集中です。
いわき地区3か所と石川町、日本橋で開催されます。

きもの伝承会の着付教室では着付けの他にも、糸と針をもって半襟付けなどを学びます。
「はんえり」とは「半襟」や「半衿」と漢字で書きます。着物の下に着る下着「長襦袢」(ながじゅばん)に付ける「襟」の事です。着物に携わらない限り一生使う事にない言葉だと思います。
長襦袢の役目は、直接、着物に首の汚れや皮脂、汗が付かないようにする為に保護する大切な役割があるのです。
そして、長襦袢本体の襟部分に汚れが付かない様に「半襟」を付けます。
半衿は、長さ1~1.1mで幅は15cm程度の1枚布でできています。この「半衿」はお洒落のポイントにもなる、実は重要な部分なのです。
顔まわりを囲む半衿は、きものとのコーディネートと顔映りとのバランスを考えながら取り合わせを色々考えます。
特に、晴れの舞台の成人式で着る振袖などは、刺しゅうを施したものや友禅の手描きのもの、様々なお色を取り合わせたものなど楽しいものがたくさんあります。
ご自分のTPOに合わせお店の方と相談しながら半襟をお選びになると良いでしょう。
洋服と違って着物は着るまでに非常に手間がかかります、着れば作業範囲が狭まってしまいます。
実はこの手間、作業範囲の狭さこそ着物の魅力です。着物をまとう事は全ての行動が総合芸術なのです。
着物を着る所作、歩き方、マナーなどすべてに気を緩めるものではありません。
日本文化はこの着物にすべてが詰まっているといえます。
私たちとその文化に触れてみませんか?

2022.08.18
着付け教室に通う魅力はこれです!

こんにちは、きもの伝承会の鈴木です。
いよいよ初歩から始まる着付教室がいわきにおいては10月11日よりスタート致します♫
少人数制を採用していおるため先着順で募集を致しております。
是非どうしようか迷っている方、一度体験してみては如何でしょうか?
やろうと思ってもなかなかできないのが習い事です。
自分に合っているかどうかわからないのでいつかはと思っていてもなかなか足が運びません。
きもの伝承会の着付け教室を一度ご覧になって下さればやる気スイッチが入るかもしれません。
お問い合わせ、お待ちしております。

【着付け教室に通う魅力】
着物は、日本が誇る装いの伝統文化です。全身がシルクで纏う衣裳は世界でも日本だけです。美の極みともいえるでしょう。成人式や卒業式、パーティーなどに洋装ではなく着物で出席するなら、改まった印象を与えたり、存在感を際立たせたりすることもできるでしょう。ひと際その場を華やかにすること間違いありません。このように、季節や行事ごとに着物を楽しめるようになりたいものです。そして自由に着物を楽しむためには、自分から着物の着付が出来るよう着付けを学ぶことをおすすめします。
今まで着たことのある訪問着や色留袖などの着物は名称としてご存じだと思います。しかし、着付け教室ではもっと着物の種類や知識、テクニックについて教えて参ります。きっと着物選びにも変化があるでしょう。そして着物について多くの知識や技術を身につけることが可能です。長襦袢の着付、半衿の付け方、帯の結び方など実にさまざまです。
更にTPOやマナーについても学べます。学ぶ過程でより上品に着物を着こなすことが出来るようになり女子力アップにつながります。また着付けにより自分の体型を知ることで、自分にふさわしい着付けをするようになり、着崩れをカバーできます。このように一人で着物を着ることができるようになることは、着付けを学ぶ大きな魅力のひとつです。徐々に知識や技術が増すにつれ、草履やバッグなどの小物のコーディネートに至るまで、あれこれと楽しむことが出来るようになります。
また、着付けの知識が豊富になると、自分の着付けだけでなく、他の人の着付けの手伝いをすることもできるでしょう。そして着物の世界は奥深いもの。着付けを学び始めると、「着付けができるようになった」だけでは終わらないでしょう。そこから、どんどん世界が広がっていくことは間違いありません。
着付教室はとても魅力がある習い事です。

2022.08.17
日本橋着付教室 生徒募集

皆さん、こんにちは(^o^)/
きもの伝承会では日本橋着付け教室の新規生徒募集を9月より募集します。
場所は地下鉄日比谷線人形町駅もしくは半蔵門線の水天宮駅から歩いて2分程度の場所にあります。ビルの8階ですから見晴らしがとてもよくスカイツリーが見えます。
表題の通りこの着付け教室は全くの初歩から学ぶことが出来ます。足袋の履き方から結婚式に着る留袖まで納得いくまで丁寧にまるで家庭教師のように指導します。
先生の目の届く指導とコロナ感染防止の観点から各時間帯ごとの少人数制で行っております。
年代層は20代~80代まで様々ですが一番多く着ている年代は60代の方が多いです。
習い事を受講するまでの行動はとても勇気がいりますが、そこをクリアすると後は楽しく出来るものです。
是非、この初歩から始める着付け教室参加してみてください(^-^)

2022.08.16
平着付け教室 10月開講 ワシントンホテル椿山荘

こんにちは、きもの伝承会の油井です。
私がこの着付け教室をサポートさせて頂いております。
平着付け教室は、10月11日の週より開講いたします、現在生徒募集中です。
今はコロナ感染の影響とお盆という事もありお休みさせて頂いております。
場所はワシントンホテル椿山荘内の一階にあり、習い事には最適な場所にあります。
参加した方は「仕事帰りに通えてよかった」とか「500円で丁寧なレッスン、コスパ高い!」とか「娘の卒業式に自分で着物を着て参加で着て嬉しかった」などと喜ばしい声を頂いております。
この機会にタンスに眠っているお着物をお披露目しては見ませんか?
お気軽にお申込みください(^.^)/~~~
まずは下見でも大歓迎です。